事務所情報

Office

経営理念 PHILOSOPHY

特許、実用新案、商標、意匠などの知的財産の出願(権利取得)から権利行使まで親身になって相談に乗り、常にクライアントの真の利益のために働く。

いかなる仕事にも誇りを持ち、常に向上心を持って臨み、仕事を通して成長し、充実した人生を送る。

柳田国際特許事務所 所長 柳田 征史 Masashi YANAGIDA

事務所概要 Outline

名称
柳田国際特許事務所
所在地

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜3-23-3 新横浜AKビル 5階
TEL: 045-475-2623(代)

所 長
弁理士(登録第7318号)柳田征史
副所長
弁理士(登録番号9046) 佐久間剛
副所長
弁理士(登録番号17504)高橋秀明
弁理士
弁理士9名を含む総勢28名の中堅特許事務所で、特に外国関係に経験豊富で、機械・電気・電子・光学・有機化学・無機化学・コンピュータ・バイオと、日用品から先端科学まで幅広い技術分野をカバーしています。
沿革
昭和48年(1973年)9月
東京都港区六本木に開設
平成7年(1995年)5月
新横浜に移転
平成13年(2001年)12月
新横浜3丁目内で移転(拡張)
令和元年(2019年7月)
新横浜3丁目内で移転

国内外のクライアントの特許、実用新案、意匠、商標の全てを取り扱います。
在宅を含め勤務形態に自由度が高く働きやすい環境を提供しています。

業務案内 Business

特許・実用新案

国内出願

内外国の企業の研究開発の成果や、個人の発明や考案を特許庁に出願し、日本特許や実用新案登録を取得します。

外国出願

日本の企業の研究開発の成果や、個人の発明を日本の特許出願に基づいて、あるいは直接、海外の取引先特許/法律事務所の弁護士/弁理士に特許出願を委任し、外国代理人と協力して外国特許を取得します。

鑑定

他人の特許等の有効性、他人の特許等の権利に自分の行為が抵触するかどうか、自分の特許等の権利に他人の技術が抵触するかどうか等の判断を経験豊富な弁理士が鑑定します。

調査

創作した発明に特許性があるかどうか(従来技術調査)、新技術の実用化の障害になる他人の特許があるかどうか(侵害調査)、他人の特許を無効にできる公知文献がないか(無効調査)などの調査をします。

訴訟

特許出願等を最終的に拒絶した特許庁の判断(審決)の取消しを求めて知的財産高等裁判所に訴えを提起します(審決取消訴訟)。
自己の特許権等を侵害している他者の実施行為の差止めや、侵害による損害の賠償を求めて、地方裁判所に訴えを提起します(侵害訴訟*)。地方裁判所の判決に不服の場合は、知的財産高等裁判所に控訴します。
*侵害訴訟は、弁護士と共同で代理をします。
いずれも、知的財産高等裁判所の判決に不服の場合には、最高裁判所に上告します。

意匠

形のある製品、電子機器の画面に表示される画像、あるいは建築物等の意匠(デザイン)を独占権(意匠権)として登録するため、意匠登録に必要な図面を作成して、特許庁に出願し、意匠登録を取得します。
自己の意匠が他者の意匠権を侵害しないか、自己の意匠に登録性があるかなどの調査もします。

商標

商品またはサービス(役務)を他社の商品やサービスと識別するための商標(ブランド)を独占権(商標権)として登録するため、既存の登録があるかどうか調査し、登録の可能性のある商標を出願し、商標登録を取得します。
商標登録は10年毎に更新が可能なため、登録を管理し、更新手続きを行います。
自己の商標が他者の商標権を侵害しないか、自己の商標に登録性があるかなどの調査もします。

アクセス ACCESS

神奈川県横浜市港北区新横浜3-23-3 新横浜AKビル 5階
TEL: 045-475-2623(代)

[JR新横浜駅]
「アリーナ方面出口」をご利用ください。

[横浜市営地下鉄 新横浜駅][東急/相鉄新横浜線 新横浜駅]
「7番出口」「8番出口」のいずれかをご利用ください。

Recruitment 採用情報

常に自己を磨き進歩する、
誠意ある人材をお待ちしています。

Contact お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

[受付時間:平日9:00〜16:30 ]

メールでのお問い合わせ